スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルラックの誤用

ゲーム内に Luck (運)というステータス値がないのに、「リアルラック」という表現を使うことに不自然さを感じる。

わざわざ「リアル」とつけるからには、まず「ラック」が存在する必要がある。「ラック」が存在しない場合であれば、単に「運」で通じるからだ。

この用法が広まり始めた時期を考えると、何故そういった使い方があるのか大方想像は付く。

以下に述べることは根拠の少ない推測ではあるが、そうそう的外れでもないと自負する。こういうときに掲示板の書庫などがあれば便利だと感じる。

----

まず MMORPG における Luck の扱われ方について見てみよう。
CRPG では一般的ステータスである Luck (運、運のよさ、幸運)は、MMORPG では意外と珍しいのステータスなのである。

MO になるが Diablo のステータスは
・STRENGTH
・MAGIC(II だと ENERGY)
・DEXTERITY
・VITALITY
の4つである。

Ulitima Online では
・STR
・DEX
・INT
であり、これらはスキルを上げることによって上昇するパラメータとなっている。

Ever Quest においては
・STR
・STA
・AGI
・DEX
・WIS
・INT
・CHA
の7種類となる。
(上からストレングス、スタミナ、アジリティ、デクステリティ、ウィズダム、インテリジェンス、チャームの頭3文字である。)

Luck に当たるステータスがあるオンラインゲームはあまり多くない。強いて言えば EQ の CHA の CHARM (魅力)が少し似ているかもしれない。


そもそもコンシューマの CRPG では、運はそこまで必要ではなかった。レアアイテムはゲームの進行を少し面白くするだけという要素が強く、アイテムコンプリートなどに代表されるやり込みプレイをするのでない限り、血眼になって運を渇望することは少なかった。言い換えれば、クリアにレアアイテム入手を不可欠とするゲームはほとんどなかった。

しかしオンラインゲームではマジックアイテムなどに代表される、滅多にないアイテムをプレイヤーは求め、「運」という単語を用いやすい環境があった。


そして Ragnarok Online のステータスは次の通り。
・STR
・AGI
・VIT
・INT
・DEX
・LUK
ステータスに LUK (Luck)がある。

これは個人的な感覚だが、2000年前後ではまだリアルラックという単語は MMORPG において存在しなかった「と思う」。RO ですら、β期にはなかった「気がする」。2002年頃から RO で使われ始め、MMORPG 全体にリアルラックという言葉が広がっていったように「感じた」。

その感覚の裏づけ・根拠として、広まり始めた時期は Google で検索してみると2001年以前は使用例が全く見つからないのに対し、2002年夏以降はちらほら見つかりだすことが挙げられる。

また前述の通り MMORPG において Luck というステータス値は多くなく、広まり始めた時期などが RO や MMORPG 全体の動向と符合する。(少なくとも「リアルラック」という言葉が初めて用いられた場所には、「リアルラック」の他に「ラック」という別のものが存在するはず。そのため、Final Fantasy XI にも同時期に使用例があるが、FFXI が発祥とは考えにくい。何故なら FFXI のステータスは「STR, VIT, DEX, AGI, INT, MND, CHR」の7種だからだ。)


以上のことより、リアルラックという言葉は RO から発祥したものだと考える。

大量の掲示板のログなどを参照出来ないのが残念である。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。