スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反バグ活動に異を唱える 2

無知は怖い。悪質なバグ利用にあたる言葉があった。「exploit」。でも日本ではあまり使われない表現。使用頻度を調べるために、世界で一番登録者数が多いと言われる、World of Warcraft を参考に調べて見る。WoW は世界で登録者数が 1000 万人を超えるゲーム。アメリカのゲームサーバーだけで、186 個もあるビッグタイトル。

「World of Warcraft」,ついに登録者数が1000万人を突破
WoWのアメリカ向けのゲームサーバーの数は「186」(2006年12月27日現在)
4Gamer.net より。

----

World of Warcraft BBS - したらば
WoWの日本の掲示板。

Google 検索 site:jbbs.livedoor.jp/game/26657/ exploit
>site:jbbs.livedoor.jp/game/26657/ exploit に一致する情報は見つかりませんでした。

やはり日本ではあまり使用されないようだ。


ところが、
World of Warcraft 公式
の FORUMS 内、
World of Warcraft - English (NA) Forums - 検索 exploit
結構出る。

しかし日本で馴染みのない言葉を使うのはどうなのか。

----

前の記事でも書いたが、わたしは cheat で単なるバグ利用なども含まれると思っている。やっぱり cheat や cheater で通じるのではないだろうか。反バグという言葉が気になる…。


(前記事を含める補足)


・TalesWeaver だと、意図せずとも位置ズレなどが頻繁に起こりやすいが、別のオンラインゲームで意図的に位置ズレと似たような状況を作り出して戦った場合、これは悪質なバグ利用にあたる。

・exploit は「悪質な」バグ利用という意味合いも強いらしい。結構便利な言葉だと思うが、使っている人を見たことがない。ただ「バグ利用」よりも、的確に表していると思う。この言葉、流行らないかなぁ。運営側が使うとか、そういったことがない限り、日本では今後使われない気がする。

・dupe とは、不正にアイテムや通貨を殖やすこと。不正増殖。日本の場合、コンシューマソフトの裏技やテクニックで、アイテムや残機を増やす場合「(無限)増殖」という表現をよく使うが、オンラインゲームにおいては、日本でも不正増殖は dupe が一般的。単に「増殖」だと不正の意味合いが弱いので、使うべきではないと思うが、最近オンラインゲームにおいても「増殖」という言葉遣いを目にする。


関連記事
反バグ活動に異を唱える - 逆さ階段

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。