スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wikipedia について 3

今まで見てきたように Wikipedia の方針、ガイドラインに沿うとなると、例えば Tales Weaver のページは冗長過ぎると思うし、不必要な部分が少なからずあるように見える。

テイルズウィーバー - Wikipedia

いくつか気になる点をピックアップしてみる。


1 テイルズウィーバーの特徴
グラフィック

[ 本文 ]
背景オブジェクトは半3Dの温かみのある描写で、キャラクターは2D(ドット絵)で細部まで細かい描写がなされている。そのかわいらしさか「女性ファンも多い」と紹介されたりするせいか、年数を重ねるたびにかわいさを追求しているようなところもある。



[ 編集案 ]
背景オブジェクトは半3D、キャラクターは2D(ドット絵)によって描写されている。


・不要な修飾語は避ける。
・個人によって見解が分かれるようなことは書かない


-


運営サービス


[ 本文 ]
日本では2004年2月よりオープンβテストを開始、2004年9月より30日2000円の定額課金と時間毎に応じた課金を選ぶシステムからなる正式課金サービスを開始した。2005年10月5日より基本プレイ無料・アイテム課金制に移行している。

2007年7月26日のnProtectの導入により、トラブルが発生している。この点については後述する。

この歴史に1年ほどズレがあると思われる 2008年4月23日のバージョンアップからプレイできなくなっている人が急増している。(少しずつ改善の模様



[ 編集案 ]
日本サーバー
2004/2 オープンβテスト開始
2004/9 正式サービス開始(月額課金制、30日2000円)
2005/10/5 基本プレイ無料(アイテム課金制)

なお2007/7/26からnProtectGameGuardを導入。


・時系列を説明する場合は文章より箇条書き
・nPGGに関するトラブルは一般的なので、運営サービスの項に書く必要はない
・nProtectを略さない!(曲がりなりにも Wikipedia は百科事典)
・更に下の数行は何が言いたいのかよく分からないため削除

-

続く

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。