スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネトゲ研究日誌はメタ視点過ぎる

新しい分類の仕方 - ネトゲ研究日誌

珍しく Tales Weaver 関連でコメントがついてると思ったら、あまり TW とは関係ないようで。

ネトゲ研究日誌のコメント欄はいつも規模が大き過ぎて、わたしの読解力だと正直なところ流し読みでも何が言いたいのか分からないし、じっくり読んでも「結局何が言いたいのか」がよく分からない。泥沼化した、はてな匿名ダイアリー同士のやり取りくらい分からない。あと農耕民族や日本社会、格差社会、資本主義とかの話によく逸れる。しかしオンラインゲームニュースをネタに、ゲームを論じているように見えて、実は日本社会について言及したいのだと考えれば、少し読めてくるかもしれない。とにかく高度すぎる。

「AはBである」
→「本当にそうですか? ooの例では…」
→「本当にそうですか? xxの例では…」
→「本当にそうですか? ......」

の繰り返しに見える。


個人的に残念に思うのは後藤氏が初めてやった MMORPG が TW だということ。初めから業務として「オンラインゲームについて調査する」という名目の元、始めたらしいが、記事が"メタ視点"に拘りすぎて、本質を見失っているように見える。MMORPG の面白さに対する憧れ、希望を持っていたようにも見えない。




また、ネトゲ研究日誌開設時は既に MMORPG のジャンルが出尽くされていて、だいぶオンラインゲームが安定(停滞)してきた頃だったし、2005年あたりにネトゲ研究日誌を見ていたこともあったが、すぐ消える類のブログだと思って、早々にブックマークからはずしたこともあった。しかし、後藤氏はブログの方向性を右往左往させずに、真面目に書き続けたようで、今も更新が続いているのは驚きを隠せなかった。

あとこれは推測だが後藤氏がメタ視点に拘るのは、うさだBlogの存在も少なくないと思う。
恐るべきマビノギ - ネトゲ研究日誌

>5. Posted by 後藤 2005年06月13日 01:27
>うさだblogを見てきました・・・

>ムハァ・・・すごい人もいますねぇ。なんか
>書き続けていくのが恥ずかしくなりますわ。

>自分の主観と客観で書いてるだけなんで、
>あれだけのバックボーンがある人には到底
>及びませんな。(ネトゲ暦一年未満!)
>つたない文ですが、自分なりに頑張ります。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。