スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R.O.H.A.N に見るRMT問題

【4Gamer.net】[特集]「R.O.H.A.N」のユン社長が語る,
「いまメーカーが本当にやるべきRMTへの取り組み」


2年前の記事。

要約すると…

R.O.H.A.N は公式 RMT が出来るようにしたが、社長は基本的にはゲームバランスを考慮すると RMT そのものには反対。しかし反対ばかりしていると、逆にプレイヤーは隠れて RMT を行い、それが中国のゴールドファーマーや BOT などの問題に繋がってしまう。これらの問題の影響を一番受けるのは、普通に楽しんでいるプレイヤーである。

その解決策として弊社は、RMT を自分たちの責任の及ぶ範囲で管理するということ。決して RMT 業者との協調路線を取るわけではない。他の会社が RMT 問題に真面目に取り組まないのは「RMT も BOT もお客様で、お金は稼げるから」。弊社は対策をしてその部分を切り捨てたから、同時接続が30%も落ちた。でも今は不正行為をしているプレイヤーはほとんどいない。

そのゲームがゲーム性の高い面白いものであれば、BOT は使う気にならない。それは作業を BOT にさせるからであって、自分自身(社長)が自社ゲームの BOT を使って、初めてそれが分かった。

とのこと。


別の RMT 会社と提携して RMT を管理しているが、BOT などは認めない姿勢。尚、日本サーバーは全面的に RMT 不可になっていることに注意。RMT 容認は韓国サーバーのみ。

RMT を敢えて容認する方の運営の仕方の例。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。