スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wizardry Online が失敗する 2 つの理由

往年の名作 Wizardry に関して。
2007/11/14 ゲームポットは「Wizardry Online」を手がけると発表した。

ゲームポット,プレス向け懇談会で新作「Wizardry Online」を発表

そして先日「Wizardry Online」に関して、4Gamer のインタビューにて追加情報が公表された。MORPG らしい。

ついに明かされるWizardry Onlineの方向性。そればかりか,なんとアノ作品の流れを引く新作までもが登場する2010年のゲームポットについて,社長の植田氏に聞いてみた

「Wizardry Online」が失敗する 2 つの理由

1. Unofficial Wizardry Online が存在していた

http://vv12.hp.infoseek.co.jp/(DEAD)

2004年から2006年にかけて、ブラウザゲームとして非公式の Wizardry Online があった。
現在は公開終了。

「原作の Wizardry を損なわず Online にするとどうなるか」をコンセプトに(実際作者がそうだったかは知らない)、良い意味でも、悪い意味でも原作に忠実なオンラインゲームとなった。

行動はリアルタイムに行え、戦闘前に事前に呪文を唱えておいたりすることが出来た。またパーティへの加入は、「加入者」が自由に行えたため、気に入らないプレイヤーのいるパーティに Lv13 のメイジで潜り込み、加入後、即マロールでパーティ全滅させることが出来るなど自由度は高かった。

そのせいか、日に日にプレイヤーの人数は減っていき、2006年10月には終了してしまった。

これは集客力という点において Online にするにはWizardry 原作をただ再現するだけでは駄目であるということである。


2. DIABLO を大きく超える作品でなくてはいけない

MORPG のシステムといえば、DIABLO が完成させたが、インタビューを読む限り、Wizardry Online は MORPG だという。

運の悪いことに来年か、再来年に DIABLO III が発売される予定だ。Wizardry のファン且つ、オンラインゲーマーという層のほとんどは、DIABLO に流れており、よくよく考えて見れば日本で受けた Wizardry の世界観や雰囲気と、DIABLO は似ているということもあって、DIABLO と比較されるのは必須である。

未だにシステム周りが、他のオンラインゲームに模倣され続けている DIABLO と戦うには、余程のアイデアを練らなければならない。

    ----

課金体系は恐らくアイテム課金制になると思われるが、Wizardry とは相性が悪い。


関連記事
Wizardry Online クローズドβテスター募集開始 - 逆さ階段

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。