スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスガルド サービス終了

ネクソンのゲームタイトルは一定年数サービスが続き、知名度が高ければ、サービス終了することがないと思っていました。なぜかというと、アスガルドがサービスを継続しているからです。アスガルドがあるなら大丈夫だろう、と。

ところが先日、驚愕の動きがありました。

「アスガルド」サービス終了のお知らせ
永らく皆様にお楽しみいただいておりました「アスガルド」は、
2015/6/24(水)10:00をもちまして、サービスを終了させていただきました。

ネクソンは、「アスガルド」で培ったゲーム運用経験のノウハウを、
魅力あふれるコンテンツ開発に生かしてまいります。

現在、テイルズウィーバーへのご紹介キャンペーンを実施中です。

これも時代の趨勢なのかもしれません。

この告知には二年前のタルタロスの急なサービス終了ぐらい驚きました。あちらも人口が下り坂だったとは言え、突然の終了でした。しかしタルタロス リバースという続編があとに控えていたというのがあり、現在もサービスを継続中です。

2015 年現在の日本で、ある程度知名度のある 2D MMORPG は、RO(ラグナロクオンライン)、TW(テイルズウィーバー)、RS(レッドストーン)、ラテール(トキメキファンタジー ラテール)、と期待の新作 Tree of Savior でしょうか。もちろん長年サービスを継続している他の中堅 2D MMORPG もありますし、2D MORPG もあります。

スマホアプリやブラウザゲームに押されて、PC の特に 2D のオンラインゲームはシェアをかなり失っています。高いスペックの PC を持っていない人は、PC の低負担ゲームをやるのではなく、スマホアプリやブラウザゲームをやる人が多く、短時間でもプレイしやすいため人気があるようです。

そして PC のオンラインゲームといえば、最近では 3D が主流で、PSO2(ファンタシースターオンライン 2)、FF14(ファイナルファンタジー 14)、DQX(ドラゴンクエスト 10)が今の三強のようです。その下にガンオン(機動戦士ガンダムオンライン)、MHFG(モンスターハンターフロンティア G)、ECO(エミルクロニクルオンライン)、黒い砂漠、TERA、幻想神域、BnD(Blade & Soul)、期待の新作 DDON(ドラゴンズドグマオンライン)というところでしょうか。世界で大人気の LoL(リーグオブレジェンズ)は日本では中程度の人気のようです。

PSO2、FF14、DQX の三タイトルは、ほどよくプレイヤーの住み分けができており、お互いに干渉しすぎない程度のゲーム内容になっています。

・レアドロップを求めて、ソロでもパーティでも楽しめるハクスラ PSO2。
・パーティ連携で得られる達成感は格別 FF14。
・ストーリーをマイペースで進めながら初心者も安心、生産ややり込みも充実 DQX。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。