スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揉め事

あとで読む、書く。
とりあえずメモ。
しかし削除されたりしたら困る。

神様なんかいねーよ - ネトゲ研究日誌
特にお題なし(その19) - 編集後記


----

あとで関連記事も読む。
取り返しのつかない事 - 編集後記
さあ、屁理屈の喧嘩をしようか - 編集後記
スポンサーサイト

ライフハックシリーズ

Tumblr - When I am seventeen

改変ネタ。
「パッチ処理後の現実」が秀逸。

細かい記事はこのブログだと、何となく書きづらい。

「vv」

あなたの文章を(ほんの少し)綺麗に見せる九つのテクニック。 - Something Orange

■七、記号を避ける。

 ネットで書かれた文章には、「(笑)」や「vv」などの記号が氾濫している。一概に悪いとは思わない。そういう表現が生まれるのはそれなりの必然性があってのことである。しかし、いまはあえてそういう記号を封印し、なるべく使わないようにしよう。


ネットで書かれた文章で、「w」の記号が氾濫しているのは見かけるが、「vv」の記号が氾濫しているのは、ごく限られた一部のような気がする。

というより、「w」と「vv」を混同しているのではないだろうか。
見たところ誰も指摘していないので、書いておく。

BOT の面白さが分からない

今回は MMORPG は関係ないです。


BOT の一例
圧縮新聞 - Twitter

Twitter などの BOT アカウントのつぶやきをチェックしている人は、どこに面白さを感じているのかよく分からない。

作る側は面白いと思う。
しかし見る側にとっては、BOT の絶妙な発言を見るために、何十もの発言を見る必要があるし、その絶妙な面白い発言も偶然に頼り過ぎていて、見るまでにやきもきする。

「自動生成された物には魂がこもっていなくて、人が書いた文章にのみ命が吹き込まれる」とまでは言わないが、何とも面白味を感じない。
人が書いたからといって、その文章が面白いものという保証もないけれども。

名前を入れたりして、メッセージなどが出る占いなどにも通じるところがある。例えば脳内メーカー系など。


参考
Twitterでお役立ちbotをFollowしてみた - ライブドアファンのブログ
Twitterとbotは相性がいい - M. Yamanari's Blog
文章生成Twitterボットのまとめ - phaのニート日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。